西東京稲門会・散策の会    

2018年10月例会    武相荘・薬師池公園 ★ 

 

 

行楽の秋となりました。爽やかな秋空をアキアカネが飛び交い、ススキが風に揺れています。そんな秋の一日をのんびりと歩きたいと思います。

 

月 日   10月23日(火)   予備日 10月24日(水) 

 

集 合   JR・小田急 新宿駅 南口改札前 10時15分

山手線の高田馬場・池袋方面、中央線の三鷹方面から来る人は新宿駅で降りたら、前方・東京寄りの階段を登ってください。

 

コース   新宿駅 ⇒ 新百合丘駅 ⇒ 鶴川駅 … 武相荘 … 鶴川駅 ⇒ 

       1021    1044 1047    1051             1326 バス

 

薬師が丘 … 薬師池公園 ⇒ 町田駅 

  1339             バス

    注)⇒ 公共交通機関  … 徒歩

 

  鶴川駅から武相荘までは徒歩で15分〜20分。薬師池公園はバス停から1分です。

昼食は武相荘のレストランで取りますが、人数が多いため予約をしておきます。参加予定の方は1018日までにご連絡ください。

メニューは武相荘の海老カレー 2100円、次郎の親子丼 2100円、サンドウィッチ 1600円、オムライス 1600円などとなっています。

 

みどころ

武相荘 … 白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅を記念館・資料館として一般公開している。「武蔵の国と相模の国の境にあること」と「不愛想」をかけて命名された。次郎は太平洋戦争開戦当初から戦況が不利で、空襲や食糧難を予測して農地のついた郊外の家を購入していた。1943年に転居して自給自足の生活を始め、生涯をここで過ごした。

 

白洲次郎 兵庫県芦屋市出身。旧制神戸一中のころはサッカー部や野球部に所属していたが、父親に買ってもらったオートバイを暴走させたりして、手の付けられない乱暴者として知られていた。神戸一中を卒業後ケンブリッジ大学に留学。帰国後は英字新聞「ジャパン・アドバタイザー」の記者、「セール・フレーザー商会」「日本食糧工業」(のちの日本水産)などで働いた。商談などで海外へ行くことが多く、駐イギリス特命全権大使であった吉田茂との面識が出来た。

戦後は吉田茂の要請で終戦連絡中央事務局の参与に就任し、GHQとの交渉に当たり、マッカーサーにも憶することなく主張した。戦後の憲法改正ではGHQ案の翻訳と日本政府案の作成に当たった。吉田内閣の終焉とともに実業家となり、東北電力の会長などを務めた。

 

白洲正子 元薩摩藩士の伯爵家に生まれた。幼少期から梅若流の能の舞台に上がり、青山次郎や小林秀雄の薫陶を受けて骨董を愛し、日本の美についての随筆を多く執筆した。

 

2009228日にNHKがドラマスペシャルで「白洲次郎」を放送した。白洲次郎を伊勢谷友介、正子を中谷美紀、近衛文麿を岸部一徳、吉田茂を原田芳雄が演じた。

 

 薬師池公園 … 町田市野津田にある公園で、1982年に新東京百景、1998年には東京都指定名勝に指定され、2007年には日本の歴史公園100選に選定された。園内の中心部に池があり、梅、椿,桜、花菖蒲、大賀はすなどが咲き、新緑・紅葉など四季折々の彩が素晴らしい。また、江戸時代の古民家が移築されている。

 

 

 小島 恕雄               

202-0022 西東京市柳沢1-11-2

電話 042-427-5032

携帯 090-1131-0768

メールアドレス mogaribuester@gmail.com