西 東 京 稲 門 会

2017年稲門祭出店レポート(速報)

10月15日(日)朝から生憎の雨でしたが、2017稲門祭が開催され当西東京稲門会も大隈庭園の三多摩支部ブースにおいて、西東京名物のカリントウの販売を行いました。

雨の中売れ行きが心配でしたが、昼過ぎの1時頃に完売しました。これも参加各位の熱心な(?)販売努力、古賀会長、大久保副会長を始めブースに立ち寄りお買い上げ頂いた当稲門会の皆様、他稲門会及び参加各位の友人の皆様のお陰です、ありがとうございました!
当日は、他稲門会では町田が饅頭を、小平がつまみを、狛江、国分寺、稲城、立川、調布がビール・日本酒を出品し、互いに協力し販売をしました。ただ日本酒は完売したものの、天候のせいでビールの売れ行きが芳しくなかった事が残念でしたが今回も他の三多摩稲門会との交流を深めることが出来ました。
また、来る11月12日の三多摩稲門会総会で上映する映画(最後の早慶戦)の
パンフレットの配布も行うことが出来ました。小雨の中でも盛り上がりを見せた三多摩稲門会支部のブースでした。来年は、より多くの西東京稲門会の皆様のご来場をお待ちしています。
販売参加者は、小高好人、木村 仁、小森法孝、高橋隆門、原田一彦、平山尚文の5名です。尚稲門祭本部で活躍された緒方幹事長、宿利副幹事長ご苦労様でした。(記 S51工研修 平山)


早稲田スポーツフェスタin東伏見

9月18日(月・敬老の日)

台風一過の汗ばむ晴天。
西東京稲門会恒例の輪投げゲームは午前10時20分開始。午前一時間、午後一時間、共に大盛況でした。

参加した子供たちは265名。景品はいつものお菓子の他、ワセ女会バザー用に集まったミニサイズのぬいぐるみなどもあって、特に女の子たちに大人気でした。
また、入会勧誘コーナーでも若手の男性一名の即時申し込みを受け付け、テント内は大いに盛り上がりました。

なお、以下の方々の表敬も受け、テントは終日賑わいました。
早稲田大学鎌田総長、西東京三田会坂口会長ご夫妻、小平稲門会栗原会長、東村山稲門会大内会長、杉並稲門会加藤幹事長、明治大学校友会西東京市地域支部水井支部長、鶴田幹事長 ほか。(敬称略)


総長招待全国支部長会・2017年商議員会開催

7月1日(土)、総長招待全国支部長会ならびに2017年商議員会が下記のとおり開催されました。(支部長会:古賀出席、商議員会:小嶋・古賀出席)
T.総長招待全国支部長会
 本会議 10:30-12:00 大隈会館N棟2階会議室
  (昼食会 12:15〜13:15 リーガロイヤルホテル東京3階ガーデンテラス)
           
 〇支部長出席者49名(代理出席を含む、対象48支部、台湾・韓国・中国校友会)、大学
  ・校友会関係者29名出席。
 〇鎌田薫総長・福田秋秀校友会代表幹事挨拶
  母校ならびに校友会のために尽力、協力に対して感謝の言葉の後、天野紀明総長室長
  より新支部長の紹介がありました。
 (鎌田総長)
  @ 2017年3月、中国校友会(中国出身者)が北京にて発足し、約220名参加いただ
  いた。A今後は入学選抜の改革、奨学金の拡充を推進したい。B留学生5,431人、派
  遣留学生4,086人(2016年11月1日現在)
 (福田代表幹事)
  @ 台湾校友会から鄭文哲総幹事に出席いただいた。A現在会員62万人、稲門会数
  1,347(海外72)Bジャカルタを訪問予定 C昨年1月、稲門医師会(会員300名余)、
  今年2月、神道稲門会が発足した。D運動部44部からアリーナ募金に協力いただいた。
 〇支部長挨拶
 (台湾校友会総幹事 鄭文哲)
  @野球部台湾遠征(2/28-3/6)の報告があり、4都市で試合し、台湾三越で展示会(写
  真、用具など)を行い大いに盛り上がった。A早慶合同新春懇親会や年2回ゴルフコ
  ンペを開催している。
 (熊本支部長 松本津紀雄 ) 
  @熊本第地震への協力のお礼と現状報告があった。A昨年8月、63年ぶりに早慶野球
  試合が開催され、会員挙げて協力した。
 〇大学の近況報告(理事 畑恵子)
  早稲田大学のダイバーシティ推進について、配布資料に基づき説明がありました。
  教育・研究の質を飛躍的に向上させ、「アジアのリーディングユニバーシティ」として、
  世界へ貢献する大学であり続けるために、ダイバーシティの尊重と推進は不可欠であ
  る。
 1. Waseda Vision 150と男女共同参画・ダイバーシティの推進
  2016年7月、ダイバーシティ推進室を開設
  1)男女共同参画推進 2)障がい者支援 3)セクシュアル・マイノリティ支援 
  4)その他、ダイバーシティ推進
 2. ダイバーシティ推進体制と取り組み:「出席簿」の性別欄廃止など
 3. 「早稲田大学ダイバーシティ推進宣言」(2017年7月1日公表)
 4. 国際標準としてのダイバーシティ推進

U.2017年商議員会 
  日時 14:00-16:15 大隈講堂
  (懇親会  16:30〜17:30 リーガロイヤルホテル東京3F ロイヤルホール)
 〇物故者への黙祷
 〇亀井淳会長挨拶
 〇総長挨拶:@ビジョン150の推進 AQS社発表:2017年国内1位、世界26位 B総
       長選挙制度検討について Cグローバル人材の育成などについて
  (注)B:総長選挙制度検討委員会による中間報告書(2017年5月26日)
     2018年の総長選挙の実施にむけ、検討が行われている。決定選挙人の範囲を商
     議員全員とするなど。
 〇商議員会決算・予算案の承認(佐藤総務部長)
 〇募金関係報告とお願い(齋藤美穂 理事)
  @ 「早稲田アリーナ募金」:目標20億円に対し現在12億円 A「早稲田文化募金」
  がスタート:従前の「早稲田文化振興募金」を発展させ、早稲田大学歴史館(1号館1
  階)、「スポーツミュージアム」(戸山キャンパス早稲田アリーナ内)の開館を目指す。
  B入学前予約型経済支援奨学金強化募金について:「紺碧の空奨学金」、「めざせ!都の
  西北奨学金」などCワセダカードの登録のお願い
 〇学事報告:「早稲田の研究力強化について 
  配布資料集に基づき説明がありました。
  @ 総括:石山敦士 理事 研究推進担当
   早稲田の研究力、研究力強化の施策、若手研究者の育成について
  A次代の中核研究者による研究事例
   報告:胡桃沢仁志 教授(理工学術院先進理工学部)
      エピジェネティクス:生命の源である遺伝子の新しい制御メカニズムについて
 〇質疑応答
  超高齢化社会にたいする大学の取り組みなど

(古賀)


5/28(日)アースデイin西東京(いこいの森公園)

ワセ女会が中心となり、寺子屋支援のバザーが行われました。


午後からは、ワセダマンたちが続々ヘルプに!(役にたったかどうか。販売のジャマだったかも…)
出番の撤去作業も老体にムチうち、数で勝負(?)

担当のワセ女のみなさま、お疲れ様でした。ヘルプのワセダマン諸君もお疲れ様。




詳細は追って、ワセ女会から報告あり。












第8回NPO市民フェスティバル(1/21)
於:田無アスタセンターコート

主催は「西東京市 市民協働推進センター」、昨年から会場をアスタに移し、今回が8回目。
市民活動団体・NPO支援事業として市内各団体の活動内容を紹介するイベント。

「西東京稲門会」(初参加)・「NPO稲門寺子屋西東京」の活動を、各団体に交じり例のパネルを展示してアピール。(精鋭4名がその任に、応援会員多数あり)
入会希望の方もおり、一安心。

(丸山市長に説明)

午後からは天気も好転し、来場者も増え、ダンスや二胡演奏のパフォーマンスもあり盛況。(緒方)


竹島校友会賛助代議員誕生

1月7日、役員会に先立ち「早稲田大学校友会賛助代議員名称」が、鎌田校友会会長(総長)に代わって古賀会長より竹島亜機雄顧問(前会長)に贈呈されました。

(田無公民館 3階会議室)

(緒方)


Hello! Waseda in 西東京」報告

12月11日(日)早朝、冷え込み厳しい東伏見安部球場に野球部現役部員、OBに交じって我々西東京稲門会の6名も集結しました。
我々のお手伝いは一般参加チームや個人の受付。例の稲門会PRパネルも設置して受付開始。

開会式には子供たちや家族に多くのマスコミも加わって清冽な空気の中で華やかに開幕。

早大出身プロ選手のエキシビジョンもあって、早くも大いに沸きました。

プロジェクトのメインは野球経験に乏しい現代の子供たちに野球の楽しさを知ってもらうための特別な形式の試合や楽しいゲームプレー。
プロ選手も随時参加して二つの球場に歓声がこだましました。

好天の下、爽やかな汗を流す子供たち。一方、寒風に震えて日溜りが恋しい我々6名。
それでも、野球普及への関係者の努力の一助になれたような気がして満足な一日でした。

(小森)


いなほ会BBQパーティー(10/15)
於:いこいの森公園

天候にも恵まれ、32名もの参加者がありました。当初、自己紹介タイムでは少し緊張ぎみでしたが、和やかな雰囲気に変わるのは時間の問題でした。

焼きそば、焼き肉、飲物コーナーを囲み、話がはずむ即席カップルたち…。笑い声まで聞こえてきます。
「ぞうさんチーム」「うさぎさんチーム」に分かれて競った輪投げ大会も盛り上がりました。
気がつくと、焼き肉はほとんど完売!(笑)

参加者の皆さんは、楽しく有意義な一日を過ごされたことと思います。

近隣稲門会の担当者の皆さん、司会進行等お疲れ様でした。また、朝早くからの準備、当日の運営そして後片付けとフル回転のスタッフの皆さん、ありがとうございました。(緒方)


第10回縄文の森の秋まつり(10/9)
於:下野谷遺跡公園(東伏見)

早朝からの雨で、公園での開催が危ぶまれていましたが、開始時刻の10時にはすっかり雨もあがり、子供たちや親子連れが続々と会場に集まってきました。
それぞれ趣向を凝らした10を超えるテントブース。


なかでも「早稲田大学考古学研究会」の現役の学生さんが子供たちと一緒に行う、「勾玉づくり」「火おこしチャレンジ」等が人気を博していました。

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  



市の教育委員会の亀田さん(当会新入会)が、専門を生かし、遺跡の解説。

(顔写真は会報にて!=本人のOKをもらってから…笑)

バンド演奏や和太鼓演奏などもあり、楽しいお祭りです。年々入場人員も増え、
定着しつつあるとのことです。


当稲門会でも、来年はブースを出す予定です。是非、縄文の森の秋まつりにふさわしい企画をお考えください。
そして、一緒に秋まつりを盛り上げましょう。(写真と文 緒方)


西東京市民まつり(2015/11/14)

 今年も西東京いこいの森公園にて、西東京市民まつりを開催します!
 15回目を迎える市民まつりは、見所たくさん。
 野外ステージやパフォーマンス・ストリートでは、市民による熱い演芸が披露され、出店エリアでは、市民や市内の商工業者によるグルメや展示などのブースがところ狭しと並びます。
 皆さんお誘い合わせの上、ご来場ください!(西東京市)


速報!

生憎の雨! しかし、大勢の来場者。

当会の両脇には、法政と中央。残念ながら、素通り多し。

寄っていくのは、将来の早稲田マン、ウーマン(それでもいいか)

(緒方)


戻る