西 東 京 稲 門 会

ワ セ ス ポ を 愛 す る 会  アーカイブ
 

「ワセスポを愛する会」は、早稲田スポーツを観戦・応援する会です。早慶レガッタ、野球早慶戦、ラグビー早慶戦・早明戦、そのほか早慶サッカーなどの観戦を行います。
観戦後、近隣稲門会と合同で実施する「打ち上げ」も楽しいひと時です。チケットの手配を含めて事務局で行います。自分が観たいスポーツのみ観戦する自由参加の会です。

また「ワセスポ稲酔会」として納涼会、忘年会も行い、盛り上がります。年齢を重ねても、早稲田スポーツを観戦するたびに青春時代に立ち返り、パワーをもらえる不思議な魅力があります。

入会希望の方は会員専用HOMEの[同好会資料]参照でご連絡下さい


「ワセスポ+役員会」有志、早稲田で暑気払い

長かった梅雨が明けた翌7月30日(火)、いきなりの猛暑炎天下の午後3時に、大隈講堂前の木陰に「ワセスポ+役員会」の有志が集まり、最近新設、改築された大学の設備・建物などを見学、夕方からは馬場下の和創作料理の居酒屋『麻の葉』で暑気払いを開催した。

先ずは正門右側の1号館に昨年3月に開館した早稲田大学歴史館を見学した。
「進取の精神エリア」「久遠の理想エリア」「聳ゆる甍エリア」の3つのエリアにそれぞれ創立以来の発展過程と現在進行形の早稲田の紹介、大隈重信はじめ創立の
功労者達の生涯や理想、政治・経済・文化・スポーツなど各分野で活躍した校友・関係者の紹介など、非常に興味深く、時間が経つのを忘れるほどであった。

次いで、2号館の會津八一記念博物館を見学。同館は我々の学生時代は図書館であった学内で2番目に古い建物(1925年完成)で「東京都選定歴史的建造物」に認定されている。続いて、2014年に竣工した新3号館(政経学部校舎)を見て大隈重信銅像前で記念写真を撮った。

参加者はそれぞれの学生時代を思い出しつつ、当時と比べると遥に近代的になった校舎群を見ながら、中央図書館(かつての安部球場跡)の前から、穴八幡宮の境内を抜けて戸山キャンパスの早稲田アリーナに向かった。

昨年12月に竣工した早稲田アリーナは、旧記念会堂を建て替えたもので、メインアリーナは地下2階、屋根部分は緑化した「戸山の丘」広場となっている。授業の他、入学式や卒業式などに使用される(式典時収容人員6,000名)。アリーナ見学後はエレベータで3階の「早稲田スポーツミュージアム」へ。庭球部・馬術部・射撃部・米式蹴球部などを展示物、大画面による相撲部・ラグビー部の100周年記念ビデオなどを鑑賞した。

 17時からは「麻の葉」において、現地集合の1名を加えた10名で楽しいひと時を過ごした。炎天下の中、一緒に歩き通した参加最長老の春原さんの音頭で冷えたビールで乾杯、ボリュームたっぷりの美味しい料理とビール・日本酒・焼酎などを堪能しながら、学生時代の思い出、稲門会活動の近況などを語り合った。
あっという間に2時間が過ぎ、19時に散会。三々五々家路についた。


参加者名(敬称略):大久保健仁、大窪秀一、小高好人、坂場正勝、宿利忠、春原豊司、高橋隆門、都築金次郎、原田一彦(暑気払いのみ)、松島正夫

追伸 今年の稲門祭は10月20日(日)です。当会は例年通り大隈庭園内の東京三多摩支部のブース『サロン・ド・三多摩』で西東京名物のかりん糖販売を行います。ぜひ、稲門祭見物がてら『サロン・ド・三多摩』にもお立ち寄りください。      大久保健仁 記


練稲未来塾第13回講演会開催のお知らせ

ラグビーワールドカップ (RWC)2019が9月20日の日本対ロシア戦を皮切りに開催されます。

それを盛り上げるためのイベントが各地で開催されています。

練馬稲門会でも早稲田大学ラグビー蹴球部のフルバック(主将)として活躍され、日本代表にも選抜された

安田 真人さんを講師に迎えRWC2019見どころなどを語っていただくことになりました。

また昨年度(創立100年の記念する年)に対抗戦優勝を帝京と分かち合うなど復活を果たし、

今年度もその活躍が期待されるラグビー部の現状などにも触れていただく予定です。

 

◆講演   「ワールドカップラグビー2019と早稲田ラグビーを語る」

講師     安田 真人氏(昭59年政経卒 現早大高等学院ラグビー部強化委員長)
開催日時  9月1日(日) 15時30分開演(15時15分開場)

開催場所  練馬区役所西庁舎9階会議室

参加費   500円  終了後有志による懇親会を予定

参加希望の方は、8/10()までに緒方までご連絡ください。


東京六大学野球2019春季リーグ早慶戦

観戦日 6月1日(土) 観客29,000人


開始前の楽しいアトラクション

8回表、瀧澤が勝ち越しのソロホームランで 3−2で早稲田先勝!

1回戦の勝利に酔う打ち上げ(明日から連敗するとはつゆ知らず)

写真:緒方、古賀


◇早同野球定期戦 復活第6戦    早稲田1−0同志社

3月17日(日) 13時 滋賀・皇子山球場
虎の子の1点をなんとか守り抜き、定期戦勝利! (通算早稲田4勝2敗)

朝から小雨が降ったり止んだりのあいにくの天気。気温も10℃を下回る最悪のコンデション。


それでも500人を超える熱心な観客が、琵琶湖にほど近いこの球場に集まった。


試合は緊迫とした投手戦となった。5回、敵失から生まれたワンチャンスを、流れるように見事に先制した。しかし6回以降毎回走者を出すも結局2塁も踏めず、攻めあぐねる。それでも5回に奪った1点を4投手の完封リレーで守り抜き、敵地での勝利をもぎ取った。
 試合終了後京都市内に会場を移し、同志社側の主催でOB交流会が開催された。昨年は、東伏見の居酒屋での開催であったが、今回はホテルのレセプションルームでの着席パーティー形式(これが早稲田との違いか…笑)。

70余名の両校野球部OB、校友が参加。2時間の交流では物足りない。あっと言う間にお開きの時間。両校の校歌斉唱、エール交歓で締めくくった。
復活第7戦は、安部球場にて令和2年3月22日(日)開催予定。(O)
<写真提供:大内一男氏(東村山稲門会)>


早慶レガッタ観戦のご案内です。

今年は連覇するぞ!!
〇日・時:4月14日(日)12:30集合
〇集合場所:浅草浅草寺 雷門前
〇観戦場所:墨田川「桜橋」付近
〇観戦後の打ち上げ:アサヒビール ビアレストラン「フラムドール」勝利の美酒を!
※レストラン予約の関係上、参加希望の方は4/11(木)までにご返信ください。(緒方)

尚、東村山稲門会では、「江戸吉原を含む北部浅草と早慶レガッタを楽しむ」を企画し、三ノ輪から墨田川桜橋まで散策し、レガッタ観戦も楽しもうとのことです。
ご興味のある方は原田さん(零八零-3750-3280)まで。


ラグビー部入部式のご案内です。
創部100周年の昨年、8年ぶりに対抗戦優勝を果たしました。
○日・時、会場:4月13日(土)13時 上井草グラウンド
各自現地集合願います。


○早同定期戦復活第6戦 3月17日(日)滋賀・皇子山球場
 虎の子の1点を守り抜き、定期戦勝利! (詳細後報)

○春季オープン戦
 小宮山悟新監督(H2教育)率いる今年の野球部をいち早く観に行こう。
☆野球部一軍のオープン戦の日程☆
 日付   開始時間  対戦相手      場所 
3/24(日)  13:00   立正大学     安部球場
3/25(月)  12:30   東北福祉大学   安部球場
3/26(火)  13:00   桐蔭横浜大学   安部球場
3/27(水)  13:00   亜細亜大学    安部球場
3/29(金)  13:00   筑波大学     安部球場
3/30(土)  13:00   Honda      安部球場
4/ 1(月)  11:00   JX-ENEOS    明治神宮野球場(社会人対抗戦)
4/ 3(水)  13:00   中央大学     安部球場
4/ 6(土)   13:00   共栄大学     安部球場
4/14(日)   13:00   神奈川大学    安部球場


ワセスポを愛する会の皆さん
「ワセスポ稲酔会」(含早慶戦後の打ち上げ)会費の残金を、例年通り、寺子屋に寄付(¥13.045)いたしましたのでご報告いたします   ワセスポ事務局


ラグビー早明戦〜堅守で明治を下し8年ぶり対抗戦優勝!〜W○31−27●M
12月2日(日) 秩父宮ラグビー場 くもり/微風 キックオフ14:00 観客数 22,256人(公式記録)

創部100周年の早稲田。節目の年の関東大学対抗戦も今日が最終戦。5勝1敗で並ぶ早稲田と明治。文字通り伝統の一戦、ともに対抗戦優勝をかけ激突。
ワセスポメンバー総勢17名。キックオフ前の校歌斉唱から、もう既に力が入る。

試合は、開始早々早稲田が先制トライ、明治の出鼻を挫く。その後早稲田1本、明治2本とそれぞれPGを決め、10−6と早稲田リード。さらに開始33分、明治の防御をかいくぐりトライ。17−6とこれで主導権を奪ったかにみえたが、明治のFW「重戦車」の怒涛の攻めに屈しトライを奪われる。自陣で何度も明治ボールのスクラムを組まれ大ピンチ。それでも何とかしのぎ、17−13と折り返す。


 前半の終盤同様、後半もじりじりと明治のスクラムに押され早稲田は防戦一方。転機は後半11分早稲田のペナルティーに対し、明治が選択したのがスクラム(学生時代の早明戦を彷彿)。大歓声に沸く明治側。しかしここで奮起したのが今まで劣勢だった早稲田のFW陣。より低く、力を結束して明治の反則を誘発。BK陣も勢いがつき、CTB中野(スポ3)が、14分、17分に豪快かつ華麗に連続トライ。これで31−13と大きくリード。しかし、明治も意地をみせ、37分、そしてロスタイムの41分にもトライを奪われ、あわや逆転の点差まで詰め寄られる。
それでも粘りの防御でしのぎ、一度もリードされることなく、31−27でノーサイド。
8年ぶりとなる対抗戦優勝を決め、歓喜の渦の中、選手たちは一斉に喜びを爆発。

我々も勝利の美酒に酔いしれたのは言うまでもない。                (O)


ラグビー早慶戦 〜堅い防御で粘り勝ち〜 W ○21−14● K

11月23日(金・祝)秩父宮ラグビー場 晴/微風 14:05キックオフ 観客数19,197人(公式記録)

 今年で95回目を迎えた早慶戦。ここまでともに関東大学対抗戦グループ4勝1敗。優勝を目指す早慶両校にとって絶対に負けられぬ一戦。バックスタンド1〜3列目に陣取ったワセスポメンバーも応援に力が入る。

 試合は、慶應の怒涛の攻めを早稲田の鉄壁な防御で攻撃の芽を摘む一方、早稲田も黒黄のカベを打ち崩すことができない。一進一退の様相を呈したが、前半開始24分、SOの岸岡(教3)がなんと55mのDGを決め、これで早稲田に勢いがついた。ボール支配率はほぼ互角ながら、トライとPGを加え、11−0と慶應を無得点に抑え折り返す。

 後半、慶應のトライで一時4点差まで詰め寄られるも、早稲田も2トライ、残り12分で21−7。
 勝利の予感もつかのま、33分にモールトライを決められ、7点差。ロスタイムにはゴール手前まで何度も攻め入られ、同点の窮地。これを堅い防御で何とか防ぎ切った。

 この4年間接戦が続く早慶戦。負ける気はしないものの、いつもハラハラ、ドキドキ……。    (O)


東京六大学野球秋季リーグ早慶戦報告

慶應に2勝1敗で勝利し、勝ち点をもぎ取る。早稲田、慶應、法政の3校が勝ち点4で並ぶも、勝率で惜しくも2位(優勝は法政、慶應は3位)。

ワセスポメンバー精鋭16名、10月28日(日)の2回戦を観戦。
早稲田、今日負けたら慶應に優勝をさらわれるとあって、応援にも普段より増して熱が入る。
学生応援席の一番前に陣取って、若人たちと「紺碧の空」を熱唱。
試合は中盤逆転し、慶應の猛追をかわし、W6―5Kと勝利。
写真を撮るのを忘れるぐらい、手に汗握る好ゲーム。
 
観戦後、小平、東村山稲門会の面々とジョインし、勝利に酔いしれたのは言うまでもない。(O)


ラグビー蹴球部入部式

4月14日(土) 13時 上井草グラウンド

創部100周年をむかえる今年、33名の新人が本日正式に入団した。

式は、大勢のOB、ファンが見守るなか、島田陽一部長(左写真)、大東和美OB会会長(S46教育)が挨拶。



















続いて、相良南海夫新監督(H4政経・下写真)が「100代のOBたちが築き上げてきた歴史と努力、その重みを受け止め、入部の喜び、誇り、そしてこの歴史を受け継ぐ責任を強く感じ、これからの4年間を過ごしてほしい」と、監督が新入生に言葉をかけた。

その後、新入部員33名一人一人がそれぞれの決意を表明。佐藤真吾主将(スポ4)からは「赤黒を着て大学日本一を目標に邁進続けてほしい」と激励の言葉。

最後は部歌『北風』を全員で斉唱して入部式は終了した。
今年こそ『荒ぶる』を秩父宮ラグビー場で!!                (O)


◇早同野球定期戦 復活第五戦  早大1-3同大

3月18日(日) 13時 早稲田大学安部磯雄記念野球場

<野球部主催レセプション>
早同野球定期戦に先立ち、早稲田大学野球部主催のレセプション「前夜祭」が3月17日(土)17時から大隈ガーデンハウスにて開催。両校の野球部員はもちろん野球部OB、校友会会員も多数参加し盛大に行われた。
両校の部長、監督そしてそれぞれの野球部OB会会長の挨拶に続き、早稲田小島主将、同志社福島主将(両君とも翌日の先発投手)の決意表明もあり、会場はさらに大喝采の渦。

<早同野球定期戦復活第五戦>
午前中から続々と観客が集まり始めバックネット裏の席はすぐに満杯。試合開始には立見も出る嬉しい事態。
試合開始前に、安部磯雄先生の胸像(向かって右側、左は飛田穂洲初代監督)が見守る前で集合写真撮影。

試合は。早稲田が1回の裏に1点先制したものの、同志社に3回に同点、4回には1点取られ逆転、早稲田は徐々に調子がよくなった福島投手(大阪桐蔭出身)を打ち崩せず、逆に、9回に追加点を取られ、結局成す術もなく、同志社の2連勝。(通算早稲田3勝2敗)

<両校OB交流会>
定期戦終了後、16時~筑前屋東伏見店にて、早稲田側の主催で「OB交流会」を開催。早同両校の野球部OBと校友合わせて55人参加。両校入り混じって楽しく愉快に歓談。最後に同志社大学カレッジソング、早稲田大学校歌、エール交換、アッと言い間の楽しい3時間。

 両校現役学生、野球部OBのみならず両校校友の交流が益々深まることを期待。
来年は京都開催。さぁ、来年は春爛漫の古都に応援に行こう。


ワセスポを愛する会の皆さん
「ワセスポ稲酔会」会費の残金を、例年通り、寺子屋に寄付(¥8.119)いたしましたのでご報告いたします。
3/27 ワセスポ事務局


アーカイブへ


戻る